スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
血液型ゲノム
血液型ゲノム、やってみましたー↓


C H A R A C T E R
性 格
相手よりも上の立場にも下の立場にも振る舞うことができます。
冷静なときと熱いときの温度差が激しいです。ケチケチするのは嫌いで、健全にお金を使います。ちょっと悩んだりして調子がでないときがあり、ちょっと遠回りに物事に向かう時があります。よき部下や後輩を従えることを大事に思っています。しかし他人には非常に厳しい性格をしています。また自分の考えや行動に自信を持っており、他人より自分を優先します。ちょっとずるいところがあります。

W O R K
仕 事
押す時と引く時がはっきりわかれる動きをするでしょう。気分で結構かわってしまいます。だめなときはイケてません。仲間とは助け合いたいと思っています。休みのときにも仕事のことを心配したりして、やるべきことに集中できないときがあります。出世欲が強く、また集団のリーダーとなることが多いです。他人に対してはあまり情で判断せず、とにかく結果主義です。責任感が強く自分の信念があり、他人のペースには巻き込まれないように行動します。

L O V E
恋 愛
臨機応変に相手の男性に合わせて行動します。熱しやすく冷めやすいところがあります。急に相手の男性が冷たい態度をとると、そればかり考えてしまうときがあります。黙ってついてきてくれる明るい男性に惹かれます。気が合う人は、はっきりいって稀です。相手の男性に誠意をもって接しますが、相手に合わせるのが疲れるときがあります。相手と繋がりたいという気持ちが強いです。
スポンサーサイト
2008-10-26 21:38 | 未分類 | Comment(4) | Trackback(0)
胸が痛い
重松清「ナイフ」。

いじめがテーマの短編集。

いじめのきっかけなんてささいのなことだけどやってることは残忍。

人って優位にたつのが好きで、
少しでも弱そうな人をみると安心するのよね。

はぁ、悲しい。

これを読む人はもう大人で、
かわいそうだとか許せんとか思うのだろうけど、
自分がこの話の歳だった頃に思いたかった。
そんな心を持っていたかったわ。
2008-10-26 19:37 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
太陽ノ塔
20081026155003
カフェ「太陽ノ塔」に行った。

店内は壁が青緑色、オレンジと合わせたらかなりベストマッチな。

太陽の塔にちなんだものらしきものはなかったけど、レトロな異空間。

一生懸命真剣に話し合ってるおじさま二人もお客にいて、カップルもいて、友達同士っぽい男の人たちもいて、のんびりな雰囲気。

程よいボリュームのBGMもよくかなりゆったりできる。

また行きたいな~
2008-10-26 15:48 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
容疑者Xの好演
「容疑者Xの献身」を観た。

ガリレオ先生と内海刑事がもっと全面に出ていたならドラマをみていない人は面白くなかったかもしれない。

でも、


堤真一演じる石神さんがあまりにも圧倒的な迫力で。

ドラマの映画化というのはおいといて、
ひとつの大作になっていた。


この作品でまた東野圭吾のファンが増えたのではないやろか~



ミステリー+複雑な人間の情


好き~
2008-10-20 15:52 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Today's Sky
20081013124106
今日のお空は綺麗でした。

私の好きな、ロートレック色でした(*^o^*)
2008-10-13 12:39 | 未分類 | Comment(1) | Trackback(0)
落下の王国
20081013123108

撮影事故で怪我をして、さらに失恋して自殺願望のある入院中のスタントマンが、
そこに入院中の女の子に物語を作ってきかせる話です。

これだけきくとパコと魔法の絵本ぽいけど、違う。

映像が綺麗。

青い空、砂漠、個性的な衣装。

建造物を撮る構図も凝っている気がする。

邦画では出せないよなあ、この雰囲気。

主人公の女の子のもっさり感がいい(‘o‘)ノ

最初は特に何にも思わないけど、しぐさとか見てるとだんだん可愛く思えてきた。

パンズ・ラビリンスのような女の子が冒険するような話がお気に入りの私は好き。

一瞬この映画の時代背景は…?なんて思ったりするけど、空想の物語ということで深くは考えない。

爆弾マニアのふとっちょおじさまがイキでかっこいい。

ダーウィンさんが何気に好きである。
小さくて臆病者の猿を大切にしていて、何もかもに全力投球な人だから。

大人のダークな部分もあり、でも主人公は小さな女の子っていうのが私にはツボ。


パンズ・ラビリンスやローズ・イン・タイドランドとかね。
2008-10-13 12:30 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。