スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Corteo ~CIRQUE DU SOLEIL~
20090929095614
20090929095609
エンターテイメントサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユの公演、
『コルテオ』を観に連れて行ってもらった。
『コルテオ』ってイタリア語で「行列」の意味だって。


まさにサーカスが行われるような大きなテント。
なんだか懐かしさ感じた。


サーカスといえば、ピエロ。
ピエロってすごく魅力的なキャラクターでもあり、恐怖の存在でもある。
昔NHKでやってたスティーブン・キング原作の映画「IT」観て以来、怖いんだもんなぁ。
ピエロが遠くから徐々に近づいてくるのはかなり怖かった。
派手な衣装や化粧、だって本当はどんなこと考えてるかわからない顔だし、
笑ってても、怖いし。


でもサーカスのような雰囲気は大好き。
悪をひた隠してダークな部分を見せないように装っているような感じが(笑)


『コルテオ』

舞台セットもすごく良かった。
少しくすんだアンティークな感じ、色彩がたまらなく私好みだった。


パフォーマンスもさることながら全部生音生演奏っていうのも感動。


ほとんど口開いたまんまで身を乗り出して観ていたので、
口の中カラカラになったー。



でもっ、ほんと衝撃的だったのが・・・

小人な人を初めて観たこと。

映画でしか観たことなかった、あのウンパルンパな人・・・(>_<)
un

「オズの魔法使い」では、マンチキンな人・・・(>_<)

コルテオでは大きな風船を繋いで浮いていたのだ。


衝撃・・いや、感動でした。



遊びすぎたんで、しばらくじっとしとこう(-_-)ジッ
スポンサーサイト
2009-09-28 22:02 | 未分類 | Comment(8) | Trackback(0)
Girly Story
20090926014615
「女の子ものがたり」を観てきました。

だめだめ漫画家のなつみちゃん(深津絵里)が、
女の子三人で遊んだ小さい頃の思い出を胸に明るく歩き出す、男子禁制なお話。

めちゃめちゃ甘酸っぱくて、せつなかった。

あ~、小さい頃もっと素敵な思い出作っとけばよかったなぁ。

今になって思う。

そう、後になって気づくのよね。


なつみの小さい頃を演じてた森迫永依ちゃんのまんまる感がすごく愛らしくて、
姪っこのおチビちゃんに似てて笑っちゃった。
笑顔が最高、シルエットも最高まんまるちゃん。


大きくなったなつみを演じてた、大後寿々花ちゃん・・・地味だけどすごく好き。
これからも素敵な正統派の女優さんになるんだろうな。


幼馴染とか、一緒に何かに熱中した仲間って、どんなにそのとき盛り上がってても
そのときの輝かしい気持ちは永遠には続かない。

みんなそれぞれの道で生きていって、
自分はそのときの気持ちが続いていて・・・、ぽつんとひとり取り残された感じ。

大人になっていないのは自分だけ・・・?なんて自己嫌悪に陥ったりする。
みんなにとっては、そーいうだけのものだったのねって。

私が小さい頃は、一緒に遊ぶとびっきり仲良い友達がいたって気はしないんだけど
あの時の小学校の友達とか、今何してるんだろうなぁ。

納得いく人生送ってるのかな?
私はとりあえず明るく生きています。


心が洗われる
すごく観て良かった映画だ。
2009-09-26 01:44 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Floating Garden
20090925184420
20090925184417
20090925184413
大阪駅から少し離れていて歩かなきゃいけないけど、
行く価値はありだといつも思っている。

大好きな場所だなぁ。


空中庭園inスカイビル。


下から見上げると、近未来的な宇宙ステーションみたいでもある。

それに映画館も2つあるし!(o^∀^o)

大阪に遊びに来たときにお母さんも気に入ってたなあ。

行くときいつも人が少ないから、かなりののんびりスポット。


映画観た後、
賑やかな駅周辺まで少し歩くから映画の余韻にひたりやすい気もするのである。






でも、
いつまでこんなのんきにできるのであろうか…(>_<)。

なあんてふと思ってみた。
2009-09-25 18:39 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
Trip to Miyagi ‐Art‐
20090921114640
20090921114636
20090921114630
20090921114627
20090921114623
宮城県美術館。

「アリスの庭」があるんだって。

美術館の中には入らず外だけで楽しんじゃった(o^∀^o)

わほ~い\(^ー^)/
2009-09-21 11:35 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
Trip to Miyagi ‐JapaneseHistory‐
20090921111213
20090921111210
仙台と言えば…
杜の都、そして伊達政宗!


と言っても仙台行きを決めたときは政宗さんのことは頭になかったんだけど(笑)、
友達の影響でなんだかんだではしゃいじゃった。

お城や神社を見て回るってことも散策の目的としていいなあ\(^ー^)/


至る所にガイドのおじさんがいて、
真剣にお話聞いてみた。
熱く語るおじさん、私もそんなふうに熱く語ってみたい。
歴史勉強して知恵蓄えてまた来るぜよ\(^ー^)/
青葉城跡は、
青葉山のてっぺんにあって仙台市を一望できた(^O^)

夜来たらかなりのデートスポットやろなぁ。

また来たいわ~\(^ー^)/
2009-09-21 11:09 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
Trip to Miyagi ‐Music‐
20090921104014
20090921104011
TheHIATUS。

初めて観た。
細美さんめちゃストレートに感情出す人だ。

初めて普通に話す声を聞いたけど、
スネオくんみたいなハスキーボイスなのね(o^∀^o)


もう音楽パワーがはんぱないっす(>_<)

まさかこんなとこで観れるなんてな~。
数ヶ月前までは考えもしなかったわ。
ほんと冥土の土産だわ、こりゃ。


ユニコーン


涙が出そうになった。
いろんな意味で。

あ~(>_<)

短い時間だったけど、宮城旅行に華を添えてくれてありがとー\(^ー^)/
2009-09-21 10:38 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
Trip to Miyagi ‐Food‐
20090921094617
20090921094620
20090921094614
20090921094611
20090921094607
⊂(^ω^)⊃

宮城旅行に行ってきました。

by食べもの編


いぎなり…食べ過ぎた(」゜□゜)」!!!


ピラフ(笑)

フライドポテト☆

牛タン

手焼き笹かま

笹かま

ずんだ餅

牡蠣

海鮮丼

萩の月

旅館のお腹いっぱい朝ご飯(o^∀^o)


うっひゃ~(」゜□゜)」

うん!
宮城は食べものがおいしいということだ♪~θ(^0^ )

わほ~い(^з^)-☆Chu!!
2009-09-21 09:38 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
Rubber Duck Project 2009
20090914165018
20090914165015
20090914165010
黄色い巨大あひるちゃんが大阪に遊びに来ています。

オランダの若手アーティスト、F・ホフマンの作品『ラバーダック』ってやつらしい。

おしりがプリプリ♪

まるまるっとした感じ。


青い空と
白い雲と
黄色いあひると、
かなり普通になじんでいる大阪の中心地のビル群と、
小さな人間たち。

大阪ってアートな街やなぁ。


・・・なにげにまたもや”水都大阪2009”に来てしまってるやないかいっ。


はて、
今までこんなイベントに私行っていただろうか。

てか、大阪って結構こういうことやってたのかな。

私が知らなかっただけかな。

私の感覚が変わってきたのかな。

たまにこういうアートな面白い時間を味わっていると、
何もかもがアートに思えてくる。

なんのへんてつのないものでも、
歴史があったり意味が込められてたりするので、

できるだけ、

そのものの声に耳を傾けたいですなー。
2009-09-13 22:41 | 未分類 | Comment(4) | Trackback(0)
『Me-teru no Kimochi』
古本屋さんに行く機会があったので、立ち読みだけど久々に漫画を読んでみた。


「めーてるの気持ち」っていう漫画。


15年間引きこもっている30歳の息子の世話をする57歳の父。
そしてその父には物凄く美人な彼女はるかちゃん(30歳以上年下)がいた。

ってところから話は始まる。

きゃー、いかにも何かありそー(>_<)
というわけで一気読みしてまいました。


設定とか、話の持っていきようとか、すごくドキドキしたけど、
終わり方が納得いかねぇ・・(-_-)。
ここまで盛り上げといて、、、これかいぃぃ。うっきぃ。


願望とかいろいろ詰め込んで、
最後どう締めたら良いのかわからなくなって、
えいやーで終わらせてしまった感が否めない(笑)。


作者の考えかな?それとも出版社の大人の事情かな?(-_-)


無理やり綺麗にまとめるならば・・・


"めーてる"と称する存在は、

憧れであり、母であり、愛する人であり、やはり母であり、最後は幻なのであろー。(謎)
2009-09-09 22:32 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
COWBOY BEBOP
アニメ「カウボーイ・ビバップ」。

Session#15までやってきました。
DVDって1枚に3話分入ってるから、結構あっという間なのね。


至るところに、ジャズやブルースの音楽が流れています。


Wikiってみたら↓

ビバップ (bebop) とは・・・
1940年代初期に成立したとされる、ジャズの一形態。
継承するか、反発から生じたかの違いはあっても、モダン・ジャズの起源はこの音楽にあるというのが、最も一般的な見解。
・・・
マンネリ化したスウィング・ジャズに飽きた、あるいは、本来の即興演奏が好きなジャズメン(ジャズの演奏家)たちが、ライヴハウスや演奏主体の飲食店の閉店後に、ジャム・セッションをしていて、そこから発展し生まれたとされる。

らしい。

"自由なジャズ"ってことかぁ。まっとめすぎぃぃ。


とりあえず音楽をかじっているので、音楽は注目しちゃいます。
友達にもサントラをお借りしちゃってますし。
フェードインしてくる音楽がすんなりシーンにマッチしていて素敵♪

おまけに、
ひとつひとつのエピソードが、何か心に染みる感じなのである。
多分、観れば観るほどわかってきて、味が出そうな気がするので、
昆布ストーリーとでも呼ぼうかな。
するめアニメでも・・・。


お勧めしてくれた人たちの想いが、
ようやくわかった様な気がしました。



つい最近教えてもらった(ね!)、
メインの登場人物4人の血液型が全部違うっていうのを聞いて、
あー、そうなのかぁ、なるほどぉって思った。



で、

ふとそのとき、

"うちの家族も全員違うわぁ(^-^)" と思い出したり

同じ職場の後輩くん(私と誕生日同じ)@B型同盟メンバーと

"ぼくの家も家族全員違うんですよー"って話してめちゃ共通点多い!!!って盛り上がった
ことを思い出したり、フフフ。



そのとき話してたメンバー
1、私 (B型)
2、後輩ちゃん(B型、My誕生日=My親結婚記念日=後輩ちゃんの親結婚記念日)
                   ↑
                  この時点で、おーーーー!って気もする。
3、後輩くん (B型、My誕生日=後輩くんの誕生日)


す、すげーーー!


はい、脱線。。。終わりっ
2009-09-07 22:15 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
<Prev
09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。