スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
empty mind




なんだかいろんなことに頑張りすぎて、空っぽになってしまった。

悩んでても悩んでなくても同じように時間は過ぎてゆきます。

美味しいもの食べれて、いろんな楽しいことができるのも今までの自分のおかげ、
まわりの人たちのおかげ。

明日から新しい生活始まるんだけど、自分を見失わないように。

ってか、
FACTのライブチケットとれますように(−人−;)

適度に何かをすることができない自分変わってないな(T ^ T)
スポンサーサイト
2012-05-31 21:34 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
マルコヴィッチ is マルコヴィッチ
n
「アイ・アム・キューブリック!」


わかりやすかったAmazonの商品説明コピペ↓

--------------------------------------------------------------------------
キューブリック監督になりすました男の、本当にあったウソのような話

◆『RED/レッド』『マルコヴィッチの穴』のジョン・マルコヴィッチ主演!

◆リュック・ベッソン製作総指揮!実際のキューブリック監督のスタッフが贈る!!
監督のブライアン・クックは『アイズ・ワイド・シャット』『シャイニング』『バリー・リンドン』の助監督、脚本のアンソニー・フレウィンも『アイズ・ワイド・シャット』『シャイニング』『2001年宇宙の旅』などの作品で監督アシスタントを務めるなど、キューブリックの右腕スタッフが集結。

◆ ・・・セレブ系お騒がせ詐欺師 アラン・コンウェイとは?

【ストーリー】
1990年代ロンドン。バーで、レストランで、スタンリー・キューブリックと名乗る男が現れては、「次の映画に起用しよう」と人々に声をかける。あの有名なキューブリック監督!?喜んだ人たちは彼に酒をおごり、ディナーの勘定を持ち、当座の金を都合する。だがその正体は、アラン・コンウェイなるアル中で同性愛者の、キューブリックには似ても似つかぬおじさんだった。誰もが不審に思いながらも、ハリウッドを舞台にセレブが登場するゴージャスな「騙り」に酔いしれる。しかし、ろくに映画も知らないコンウェイの化けの皮が剥がれるのは時間の問題だった。ついにマスコミや警察に押しかけられ、パニックで昏倒したコンウェイは病院に運ばれるが、そこで下された診断は……?
--------------------------------------------------------------------------

ゲイで詐欺師・・・
なんとも魅力的な設定ぃぃ

マルコヴィッチって酔いどれな感じがすごく合う人だと思う。
それに何着てもおしゃれに思う。

褒めすぎかぁ。

ファッションがめちゃオシャレ。
斬新な組み合わせ。
真似したい・・・。

詐欺師なのに
すごく幸せそう。

いいなぁぁ。



☆3つ。
☆☆☆★★
2012-05-29 16:28 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
優秀アリス
m

原作に忠実。

アリスはアニメよりも実写のほうが好きー。

色がいい。
間がいい。
キャラクターがいい。

☆4つ。
☆☆☆☆★
2012-05-29 13:14 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
ラビリンス 魔王の迷宮
b

あらすじ-Wikipediaより-

15歳のサラは多感な空想の世界に遊ぶのが大好きな少女。継母と実父が外出するために、異母弟・トビーの子守りを任されたサラはなかなか泣き止まないトビーにうんざりして、愛読書に登場するおまじないを叫んでしまう。「お願い、今すぐこの子をどこかへ連れ去って」。彼女に興味を抱いていたゴブリンの魔王・ジャレスは、彼女の言葉を真に受け、トビーをジャレスの支配するゴブリンの世界「ラビリンス」にさらってしまった。そして弟を返してと懇願するサラに対し、13時間以内に迷宮を抜けて自分の城まで到着するという試練を与える。13時間以内にトビーを連れ戻さなければ、トビーはジャレスの力でゴブリンに変えられてしまう。サラは弟を救うため、不思議な迷宮世界ラビリンスへと向かう。

これは、
テレビでやってたら絶対観ちゃうでしょう!
もし小さいころに見たら忘れられないでしょう!

私もそんな感じで。

何回観たことだろう。

いろんな魅力的なキャラ出てくる。


デヴィッド・ボウイさんの魔王な王子な白タイツな格好!!王子!!

ジェニファー・コネリーのピュアな感じ!!

モンスターのファニーさ!!

糸でつってるやろ、いろいろ!!
装置頑張ってるよ!
こういうテクニックが今に繋がってるんだろうなぁ。

特典で、
制作秘話コンテンツが入っている!!
観たら更にこの話の面白さがわかるよ!

ネバーエンディングストーリーとか好きな人は好きだろなっ。


☆5つ。
☆☆☆☆☆
2012-05-27 23:56 | 未分類 | Comment(2) | Trackback(0)
クラブデアエタヨ










RAM RIDER ”AUDIO GALAXY” RELEASE PARTY@大阪梅田OWL。

梅田にこ、こんなクラブがぁぁぁぁぁあ。

クラブ行ったって言ったら、
なんかかっこよいね、オシャレだね。

このグルーヴに身をゆだねぇてぇーーー

出ました!\(^o^)/
光るパーカー\(^o^)/
これかっ!!
バックのLEDとの組み合わせ半端ない\(^o^)/

SunLightsStars最高~♪(´ε` )
しかも中田さんバージョンだし~♪(´ε` )

RAMさん、お元気で安心しました。
私も頑張ろう。

ブランクあってもきっと大丈夫さ。



どんな暗闇も吹き消す光をあげよう



元気なくなったら、ユメデアエルヨ聴こう。
インド料理食べに行こう。
2012-05-27 23:33 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
そろそろ落ち着きなさ~い

どん!
チン”パンジー”!



どん!


どん!


陰谷さんこんにちわo(^▽^)o


私まだ遊び足りないのか~( ̄▽ ̄)

自由気ままな時間が少なくなってまいりました。
変なテンションですです。
2012-05-27 16:05 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
プレゼント。

久しぶりに、
プレゼントのために作ってみた。

イメージしながら、
どんな色が好きだとか、どんな服着てるだとか、
自分なりに観察したこと、

更に

このタイミングで見つけたものを組み合わせたら

こんなの出来たo(^▽^)o

可愛いなぁ!

いいなあ!

これ!

人のために作ったのに、あげるの惜しくなってきたぁ(T ^ T)

っていつもそんな感じだなぁ。

ビビッドカラーな蝶々。可愛いなあo(^▽^)o

喜んでくれるかな♪♪
2012-05-26 19:05 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
そういえばエルミタージュ





私も何か描きたい!(◎_◎;)
2012-05-26 00:53 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
Return the JAM'S KEY TOUR 2012 -The SOFFet Strikes Back-@梅田シャングリラ





SOFFet再び!!

そして私再び梅田シャングリラ~

HIRO-Tがいました!
シャングリラから出てきた!
HIROさんも来てたのね------

そんでもって入りきれるの?!ってくらい人が多い~(¬з¬)
sfpr観たときとはえらい違い、、、
sfprのライブでこんだけ埋まるのはいつの日か…
そんだけSOFFetって人気あるんだぁ。
キャリアも長いしね…

前回は、
Returnじゃなくてturnだったの。
今回は前回の逆回し。
ラストの曲から始まった!!←あ…いいのやろか書いても。とか言いつつ(゜∇゜)。

2人とも相変わらずcute♪
そして相変わらずの、
時折見せるYOYOの疲れた感じ。
頑張れぇ(^o^)/

SOFFetライブ観ると必ず、

"ピアノ弾きたい~

と思うのです。

でも弾いてない。(¬з¬)

YOYOの婚活ツアーも兼ねてるってマジ・・・いやぁあぁ



この興奮を今は、


何か作品で表したい!!!


ぬあああああああああああ


どんなの出来る限り乞うご期待。
2012-05-25 22:29 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
東京ふぁいぶ

国立新美術館\(^o^)/



エルミタージュ美術館展とセザンヌ展。
ひとつの美術館で何種類も展示してるなんて、
規模がなんか違うわ(−_−;)

やっぱり注目しちゃうや、作品の額。
相変わらず豪華なお額さんたち。

エルミタージュ展は、時代によって室内の壁紙の色が全く違った。

ルネサンス、バロック、ロココ…
赤、茶色、水色!

前に北九州市立美術館に観に行ったモーリス・ドニさんのやつもあっておなつかし!



セザンヌ展はセザンヌの残した多くの作品をジャンルごとに観て行く感じ。

景色かいたり、
人物かいたり、
静物かいたり、
実験したり。

好奇心豊かそうなセザンヌさん。

いろんな画家の代表的な作品をつまみ食いするエルミタージュ展と
ひとりにスポット当てたセザンヌ展。

なかなか見応えあったあ~

そんで更に


すげぇ、なんこ観るの( ̄ー ̄)
これは渋谷のbunkamura。

いろんなモナリザがたくさんあった。
でも意外にほんとのやつってどんなのか覚えとらん。
輪郭とか構図くらいしか実際覚えてないもんね~

真似されやすい作品だったのね~
そんだけみんな注目してたのね~

いろんな作品観て疲れただよぅ(T ^ T)
2012-05-23 17:37 | 未分類 | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。