レ・ミゼラブル



2013年初映画鑑賞は、

レ・ミゼラブル。

ミュージカル映画ってあまり観る機会なく、
思い出せば、「RENT」「アクロスザユニバース」とか。
あまりビッグな人って出てなかったんだけど、レ・ミゼラブルは知名度ある俳優がたくさん。

ヒュー・ジャックマンにラッセル・クロウにアン・ハサウェイ、etc。

最近俳優の名前を忘れがち・・になってきたから、
あ!この人!って思ったら心の中でフルネーム言ってみることしてみてる。


ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ存在感ある。

子役の子もすごく演技がうまくて、
表現力がある。
すごいなー。


ミュージカルって、
普通の映画よりも顔のアップが多いね。

ヘレナ・ボトム・カーターを見ていたら、
あれ、この映画ティム・バートンだったっけ、なんて思ってまう。
(でも「英国王のスピーチ」にもでとったっけ)

多分この映画がミュージカル形式でなかったらもっと分かりづらかったかもしれないなぁ。


みんなそれぞれ心の揺れや迷い、葛藤があって、
それは人間だから。


もし自分が辛いとき嬉しいとき、
歌歌えば
気分が楽になるのかな、なんて思ったー。


ラララ~♪

重厚な気分になった~♪( ´θ`)ノ
スポンサーサイト