ゴッホ展

肌寒い一日。
母てんてんと京都市立美術館のゴッホ展に行きました。




ゴッホさん、
いろいろ道を志すも断念して、27歳のときにようやく画家を志すようになりました。
そして37歳のときに自らの人生を終わらせました。

有名なアーティストって、
短命な人が多い。
すごいね、作品に魂がこもってるね。
作品とともに生きてるね。

ゴッホの作品てすごく繊細。
筆のタッチが躍動的。

そのときその時に影響を受けたものによって、絵のタッチが変わって、
すごく感受性の豊かな人だったんじゃないかなぁ。

ロートレックとも交流あったらしい。うきゃきゃ

アーティストってやっぱりお金をかせがなきゃいけないから、
必然的に世間が臨むようなものを作らないといけない。
でも本来の自分の好きな書きたいものと違う。
ふむふむ。
そだよね、そういう葛藤あるよね。
ふむふむ。

ゴッホの絵を見に行ったというか、ゴッホの人生を感じに行った、という感じでした。


てんてんの真似して初めて音声ガイドを使ってみました。
確かに分かりやすいなぁ。
今まで作品や、解説文のみで美術館を楽しんでたの。
今度どこかに行ったとき、音声ガイド利用してみようかな。

音声ガイドのナレーションはアナウンサーの西 靖さん。
声に惚れました。↑
わほっ

購入したゴッホのシルエット型ポストカード、
今回はこれでお母さんにハガキかきますです。



哲学の道歩いてたら、
クマ親子が釣りしてた。( ´ ▽ ` )

スポンサーサイト