読了。


「私の男」小説版を読みました。

映画の内容がよく分からなかった分、
映画のシーンと小説の内容がうまく合わさって、
分からなかったところがよく分かった。

なので、
すいすい読み進められた~

でも、
めっちゃ良かった、ってわけではないけどね。
消化不良だったのが、消化されました!ってことでまとまったような。

映画化された小説は、
もしかしたら先に映画を観て次に小説を読む。
もしくは
小説だけ読んで、映画を観ない、とかにしたらいいのかも。

こういう近親相姦もの(?)が何の抵抗もなく読めるのは、
今の時点で私に父親がいないからなのかなぁ。
早くに父親が亡くなってしまったので、しかも親父という感じのおとうさんじゃなかったので
お父さんってどんな感じ。。というのがリアルに思い浮かばない。

まぁ、どんな設定でも嫌いな設定苦手な設定というものがあまりないので
どちらかというとアブノーマルなものをのぞいて見たがる感じ。

この映画、もしくは小説を読んで
男の人女の人、どう感じるのだろう。
絶対感想や見方違うだろうなぁ。

次は何を読もうかなぁ。
スポンサーサイト