紙の月

bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb

「紙の月」 / 角田光代

あらすじ-Amazonより-
わかば銀行から契約社員・梅澤梨花(41歳)が約1億円を横領した。梨花は発覚する前に、海外へ逃亡する。梨花は果たして逃げ切れるのか?―--自分にあまり興味を抱かない会社員の夫と安定した生活を送っていた、正義感の強い平凡な主婦。年下の大学生・光太と出会ったことから、金銭感覚と日常が少しずつ少しずつ歪んでいき、「私には、ほしいものは、みな手に入る」と思いはじめる。夫とつましい生活をしながら、一方光太とはホテルのスイートに連泊し、高級寿司店で食事をし、高価な買い物をし・・・・・・。そしてついには顧客のお金に手をつけてゆく。

一気読み!

表紙が素敵です、色合いが。
表紙見てると、ほんわか系なんだけど。

角田さんってこんなお話書くんだっけ・・?

なんだか乃南アサみたいだーーーー!

そんな一気読み感。

なんだかリアルで、自分もこんな風になったらどうしよ・・・なんて恐怖さ感じる。

やっぱり金の切れ目が縁の切れ目。

お金で人の心は狂って行くのね。

人の心って怖いなぁ。
思い込みや根拠のない自信や誘惑や憎しみやジェラシーや虚しさがとんでもない方向に向かっていく可能性があるんだもの。

女はいつまでたっても女で扱われたい生き物。

そんな女の破滅への道。

怖いよーー。
スポンサーサイト