LIFE!

LIFE

-あらすじ-
雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。

気持ちが沈んでるときとか、
あーなんか自分の存在意義をなくした時とか、
凄く元気をくれるビタミン映画だと思った。

ベン・スティラーさんって、コメディ専門って感じがして、
コメディあんましって私はベンさんが出てるって知っただけで観る気失せて観ず嫌いだったのだけど。
(ロビン・ウィリアムスとかジム・キャリーもそのくくりだった。)
でも、
凄く素敵な俳優さんだと思えた。

そして、
世界中いろんなところの壮大な景色が出てくる映画って素敵だなとも思えた。

そして、
今まで観たそういった映画を思い返しもした。

「食べて、祈って、恋をして」、とか「ジャンパー」とかもね!
全然ジャンル違うけどね。

そりゃ、フツーの生活をしているとどこかどーんと旅をするとかないけど、
映画って、そんなフツーの気持ちをどこか遠いところに旅に行った気分にさせてくれる。

改めてそう思った。

しっかし、

ショーン・ペンが少し出てくるけど、渋さったらない!

あと主人公のお母さんの存在も!シャーリー・マクレーン。


度々、格言的な言葉が出てきて、
その表現がシャレてる。


小技が効いてて、
サントラも素敵だった。

どストレートな勇気を与えます映画ではないので、
おしゃれな感じもあり、
とっても印象に残る良い映画だと思えた。

久しぶりに、
好きな映画は何ですか?って聞かれて「LIFE!かな~」って言える映画。

みんなで集まって観たいなぁ。


星5個。
☆☆☆☆☆
スポンサーサイト