ウォーク

nbnbnbnn

「ザ・ウォーク」。

-あらすじ-Yahoo映画より
1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ2棟構造の高層ビル、ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤーロープを張って命綱なしで渡っていくというものだった。そして、ついに決行の日を迎えるフィリップ。地上110階の高さに浮いているワイヤーを、一歩、また一歩と進んでいく彼だったが……。

昔、「マンオンワイヤー」っていうドキュメンタリー映画があった。
とっても良かった!↓これ。
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb
なので事前知識があったので、
それがどんな感じになってるのだろう、と思いながら観た。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットの飄々とした雰囲気が、堺雅人に見えた~。

ドキュメント観てたし、
どんな感じでこれをやるに至ったとかなんとなく知ってるので
プティとその仲間とのタッグのほうに見入ったなー。

許可を取らずにいたるところで綱渡りをするので犯罪だし、
協力するのは共犯になっちゃうんだけど、
共犯者=仲間っていいなぁと思えた!

どんなにばかげたことでも、「一緒にやろう!」と言ってくれる人の存在は大事。
損得考えずに、面白そうだからやろう!っていう人の気持ちっていいなぁ。

どちらかと言うと、
自分は、なんとなく面白そうだから一緒にやりたいなぁと思っちゃうタイプなので
そんなふうに思っちゃった。

今の世の中だったら、
ほんと実現不可能だよなぁ・・
セキュリティとかで。

その前に、
こういうことを歓迎する人って少数派だよねー。

でもそんな少数派でありたい私。


☆3.5個。
☆☆☆★★
スポンサーサイト