まだ読みかけなのだけども

syu

<あらすじ>

ハゲデブ貧乏…世の不幸を全て背負ったような中年オヤジ・須賀啓一(いつもティアドロップのグラサン)は、齢50にして初恋をした。
相手は通勤電車で見かけた美しい女子高生。
ブログへの悪質な書き込みから、この女子高生が拉致される。啓一は彼女を助け出すべく、チンピラオヤジ、引きこもり少年とタッグを組み、救出に向かう…。
涙あり笑いありスリルあり、そして心にキュ~ンと響く新感覚ラブストーリー。
(「BOOK」データベースより)

まだ途中までしか読んでないけど、あぁぁ心が痛いわ。
新堂冬樹読んだくらい、心が痛いわ。

しかも映画化の須賀さん役はカンニング竹山っていうのも、心が痛いわ。

面白いという意味で心が痛いです。

それぐらいすぐに入り込めて読めるということです。



・・・ってまだ読み終えてないのにぃ

年末に向かって、読書熱は高まっていっています。
スポンサーサイト