21世紀美術館。






にゃ~~

21世紀美術館。
ここもお久しぶりねん。
金沢と言えば~…兼六園!じゃなくここ!てくらい有名になってる。

前はお母さんと、紅葉の時期に行ったな。
あと兼六園も。
そんなこと思いながら…ふふふ。


連休てことでお客さんもまずまず多い。

チケットカウンター並んでたら、メイドイン京都のBruceストラップを携帯に付けてる女の人発見(^O^)
あの形はやっぱ目立つなあ。


今回の特別展示のひとつ、部屋いっぱいのペイント。

DJブースもあり、
デカい黒いビーズクッションがたくさん置いてあって、
ゴロンしながら音楽楽しみつつ壁面の絵を眺めたり、
真ん中のライブペイント眺めたり。

絵のテイストは違うけど、なんとなく岡本太郎記念館を思い出した~。壁面にいっぱい。


私もクッションにゴロン。
NOZOMIのスカート(゜∇゜)

これ写したかった(爆)


他のゾーンにも作品たくさん。解釈に困る作品もモリモリ。

なんだか物事に固執してたらなかなか楽しめないなぁ。
やっぱがんじがらめ、頑固は損だなぁ。

アート見てると(特に現代アート)そんなふうに思う。
解釈は無限大。
"?"で終わるものもそりゃあるよ、ありまくり。


アート見てる人も含めアートに見えてくる。
人の容姿、ファッション、発する言葉、生き方全て作品て気がするな。


あぁ、この正解のない空間に身を委ねたい…( ̄∀ ̄)



先日行った京都市美術館の時と明らかに違うのは…


額がない作品ばかり

おっとっと…また額とか言ってる(」゜□゜)」
現代アートの場合は空間が額ですね。


人の作品を見ると、
"自分の作品"を作らずにはいられなくなって焦るです、なぜか。
遺伝かな(笑)
スポンサーサイト