思い・想い・深い

q
v
b


小谷美紗子友部正人”願いは叶う”@サンホール。


ライブはいろいろ行っているけど、
初めて行くライブハウスはなんだか緊張。

サンボウルってボーリング場の隣にあるサンホール♪


ステージの上にはグランドピアノがあって、
「あ~!グランドピアノ弾いちゃうんだなぁ、いいなぁ」と思いました。


初めは友部さんが出てくるかなと思いきや、
オダニさんがちょこちょことステージ脇から出てきて、ちょこんと一礼して、
さささっとグランドピアノのほうに行って、
静かにスタンバイ。

で、はじまりました。


相変わらず、
宙を見つめてピアノを弾きながら歌いだすオダニさん。

冬の寒さで空気が澄んでいるせい?(笑)
いつもよりすーーーっと声が澄んで聞こえる。
サンホールの音響もなかなかイイ。
オダニさんの歌も、グランドピアノの音も、イイ!


友部さんを呼ぶとき、
友部さんと一緒に弾き語るとき、
オダニさん、輝いてたなぁぁ。
すごく尊敬のまなざしで友部さんを見ていて、
でも友部さんも尊敬&あたたかなまなざしでオダニさんを見て、
なんだか親子に見えてしまった(笑)


オダニさん、友部さんが出てるとき、終始口角あがりっぱなしーー。
相当嬉しいんだろうな。
その様子を見ている私たちも多分幸せになりました。


ほっこりするいいコンビだなぁぁ。


今年は震災もあって、
感受性強そうなオダニさんも友部さんも
震災で感じたことを歌にしていた。
オダニさん、もう歌えないかななんて思っていたらしい。
確かに、人間って無力だもの、自然災害に対して。


そのとき、私も思い出しました。

地震の日。
おねーちゃんたちからの連絡を待っているとき。
テレビの津波の映像を見たとき。

今となっては、
あ~そんなことあったなぁぁってなってしまったんだけど。
ほんとに助かってよかった、お姉ちゃんたち。

もしもうこの世に生きていなければ、今私の心もどうなっていただろうか。

思い出すだけで身震いします。


なぁんて私もいろんなことを思いながらライブを見ていました。


友部さんをみていると、
学生の時によく連れて行ってもらってたストリートミュージシャンが集まるライブハウスや、
門司港で弾き語りの練習したことを思い出しました。
あのミュージシャンたちは今何してるんだろう。

あと、友部さんがお父さんに見えてきて(笑)

もしお父さんが生きてたら、今頃一緒に何か演奏できたのかな、なんて思ったりして。

お父さんもギターをぽろぽろ練習してたのだ。


お母さんはスポーツばかりやっていて芸術のほうはあまりだったので、
私の趣味はお父さんの影響なのかな。


オダニさんも、
友部さんも、
ふたりともメッセージ性の強いアーティストで、
すごく濃い深いあったかいライブでした。



ノリのいいヘッドバンキング的な音楽のライブばかり最近行っていたような。。。
気がするので、
たまにはしっとりと聴けるライブで、音楽に身をゆだねるのもいいなぁ。


あまり普段泣かないけど
オダニさんの歌に泣きそうになりました。


「青さ」いいね。


真冬のひまわり。


ストーブか暖炉のようなライブでした。







さぁ、次のライブはなんでしょーーーーー。
てか、やっぱ先週に引き続きライブ後のラーメン(笑)
スポンサーサイト