神の子どもたちはみな踊る

m

あらすじ-新潮社HPより-

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

かえるくんが出てくるよー。
2メートル以上あるかえるくん。

何年も前に購入した本だけど、
どうして私この本購入したんだろう・・・。
阪神大震災がきっかけかなぁ。
かえるの表紙が気に入ったのかな。

なんか想像力が鍛えられるな。

陰のある人物がたくさん出てくるから。

悪く言えば、
人の気持ちの裏を探っちゃう感じ。

でも人間って結構ストレートだったりするのにね。

こういう人もいるかもしれない、いたらどうかな?と心を広くして心の視野を広げよーーーーっと。


かえるくん、どうもありがとう。
スポンサーサイト