東京ふぁいぶ


国立新美術館\(^o^)/



エルミタージュ美術館展とセザンヌ展。
ひとつの美術館で何種類も展示してるなんて、
規模がなんか違うわ(−_−;)

やっぱり注目しちゃうや、作品の額。
相変わらず豪華なお額さんたち。

エルミタージュ展は、時代によって室内の壁紙の色が全く違った。

ルネサンス、バロック、ロココ…
赤、茶色、水色!

前に北九州市立美術館に観に行ったモーリス・ドニさんのやつもあっておなつかし!



セザンヌ展はセザンヌの残した多くの作品をジャンルごとに観て行く感じ。

景色かいたり、
人物かいたり、
静物かいたり、
実験したり。

好奇心豊かそうなセザンヌさん。

いろんな画家の代表的な作品をつまみ食いするエルミタージュ展と
ひとりにスポット当てたセザンヌ展。

なかなか見応えあったあ~

そんで更に


すげぇ、なんこ観るの( ̄ー ̄)
これは渋谷のbunkamura。

いろんなモナリザがたくさんあった。
でも意外にほんとのやつってどんなのか覚えとらん。
輪郭とか構図くらいしか実際覚えてないもんね~

真似されやすい作品だったのね~
そんだけみんな注目してたのね~

いろんな作品観て疲れただよぅ(T ^ T)
スポンサーサイト